【半休をいただいたことで、ふと考えたこと】

お知らせ

こんにちは、溝田接骨院・いんちょーです。


4/6の土曜日は午前中にお休みさせていただきました。
患者さんの中には、ご迷惑をお掛けした方もいらっしゃるかと思います。
その点につきましては、申し訳ございませんでした。

というのも、土曜日は息子の入園式があったため、半休をいただいた次第です。
以前のわたくしなら、「絶対に」取らなかったであろうお休みの理由です。
今日はそんなことを、ツラツラと書きたいと思います。

 

以前は、絶対に休まなかった

以前の私なら、痛みを抱えた患者さんのために、柔道整復師として「わたくし」の時間を割かなければいけないと思っていました。
もちろん、仕事に関わるセミナーなどの場合は、お休みしたことはありました。
しかしこれも、個人的理由ではなく「仕事」としてのお休みでした。


そういう意味では、今回のようにプライベートでお休みをいただくことはほとんどありませんでした

 

今回は、休みました

ではなぜ今回に限っておやすみをいただいたのでしょうか?
それはもちろん、大切な家族である「息子の晴れの入園式」だったからです。

でも以前の自分でしたら、「患者さんが最優先だ!」と思っていました。

患者さんを差し置いて自分の都合を優先するなんて、柔道整復師としてあるまじきことだ!とまで思っていました。


もちろんそういう考えを否定するものではありません。
また患者さん側がそう考えるのもありですし、否定することはできません。

ただこういった「こうであらねばならない」というのは、今までの人生の中で、ある意味「植え付けられてきたこと」なんですよね。

 

あるエピソード

このことで、今でもとても印象に残ることがあります。

当院は、午前診療は11:40までとなっています。
自宅兼治療室ですから、まぁ言えばその切り目って曖昧なんです。

当然ながら、11:40になったらいなくなる訳ではありません。
いえば、「ずっといます」


かなり昔のある時、12時くらいにご来院された患者さんがいらっしゃいました。
こちらの方は、普段からいらして頂いていた患者さんです。

その日、昼に予定があったので「11:40までなので…」とお話しました。


すると、その患者さんから
「なんだよ、家なんだからいっつもいるんだろ?どうせ奥(居間)にいるんだから、ちょっとくらい見てくれてもいいじゃねぇか!ケチくせぇな!」
と、怒られてしまいました。


その時にも「あぁ、やはりこういう仕事って、常に患者さんを優先しなければいけないんだな」と思ったものです。

 

本当にしたいことか?

もちろん、治療家として向くべきベクトルは患者さんであることは当然です。
しかし、それは「自分」というものを押し殺して、人に対して費やすものなのか?ということなんです。


自分を差し置き、人に尽くす・・・っていえば、世間ではそれが美談になります。
でも、それが出来るのは「自分が満たされている」状態であって、その上で他者に目を向けられる人であればいいのです。

しかし、多くの人はそうではありません。


溺れている人を助けに行って、亡くなってしまう人のニュースが毎年夏頃とかに見かけませんか?
この時に(その都度によりますが)、自分の身を投げうって助けに行くなんて、勇気がある!とか、素晴らしい!なんて意見も出てきたりします。


それによって救助された人やその周り、世間からは「命を救った人」って言われます。
場合によっては、英雄扱いされることもあるでしょう。


でもですよ?

亡くなったご家族からしたら、どうでしょう?
言い方がアレかもしれませんが、赤の他人のために、大切な家族を失った人たちの気持ちを考えると。


英雄になれるのであれば、それに越したことはありません。
むしろ英雄になりたいじゃないですか。

でも、それって「自分を犠牲」にしてまですることかな?って思うんです。

 

何が大切なのか?

本当に自分の望むものを得ることに悪いことはないはずなのに(犯罪とかはもちろん別です)、なぜ「そうしてはいけない」と思ってしまうのか。

それはもう、「周りがそう言うから」ということが多いのです。


今回、わたくしは「自分の家族のために、仕事を休みます」という選択をしました。
人によっては、治療家としてあるまじき行為だという人もいるかもしれません。

ただ、治療家である以前に子供を持つ親であり、人が家族を蔑ろにして仕事をするのって、わたくし個人としては「違うな」って思ったんです。


家族を蔑ろにする人が、他者を大切に出来ますか?っていうことです。


お医者さんが家族をさておき誰かを救った時、患者さんやご家族からは感謝されます。
でもその裏で、お医者さんのご家族が泣いていたとしたら?
自分がその家族という立場だったら?

 

「も」

自分にとっては、「入園式」が大切な家族である息子が、一つ「成長」を表す大事な機会でした。
だから、半日お休みをいただきました。

これは決して、患者さんをほったらかしにした、というわけではありません。
そうではなく、家族「も」大切にした結果なのです。

 

なぜこんなことを書いたかというと?

自分を犠牲にしてまで、~すべき、~しなければいけない、と思い込んでる人が多いと思うからです。

もちろん、自分も以前まではそう思っていました。
でも、~すべきってことは、その裏には「本心として望んでやっている・やりたいからやっている」ではないってことが、見え隠れするんですよね。


立場や仕事の関係で「~しなければならない」ってこともあります。
でもそれは、そういうことをするのが仕事だから。
やりたいことがあり、それに伴ってやらねばならないことがあるから。

こういう場合には、それも仕方ないでしょう。それなりの理由がありますから。


ただし、自分が望むべくことではないのに、~すべき・~しなければならない、であれば、なぜそれをやるのか?なのです。


治療をしていても、「これをやると痛いんですよね…」って患者さんは多いです。
痛くなる原因がわかっているのに、やる…そりゃ痛くなるわけです。


でもその場合多くの方が「でもやらなきゃいけないから」
そんな時、どうしてもやらなければいけないのであれば、どうやってその原因を「減らすか?」を考えてみてほしいのです。


掃除機を掛けると腰が痛くなるんだけど、掃除しないといけないから…。
といいながら腰を治療する。

第三者目線で見たら「んじゃ、掃除しなければいいじゃん」って思いますよね。
しかし自身がその当事者となると「やらなきゃいけない」「だれもやらないから」ってなります。


でもそれって、本当に「やらなければならない」ことですか?
自分(この場合、腰の痛み)を犠牲にしてまでやるべきことですか?
それで自分が苦しんでんも、お掃除を優先「すべき」ですか?
腰が痛い間くらい、減らしても問題なくないですか?


もうこれは、究極、ご本人がどっちを選ぶか?に尽きます。

どっちにしましょうかね…

ただ、よくなる人と中々変わらない人の違いにも、これって見受けられまして。
よくなる人は、「掃除を休む・減らす」という選択をして、腰に負荷を掛けずに改善していく。
よくならない人は、痛いと言いつつ、「掃除を優先」する。

違いは、本当に自分が望むこと(痛みを改善したい)を優先したか、すべきだからやってるだけで、本心で望んでることではない(自分の腰を痛めてまで掃除をすること)というところです。

 

何を優先すべきか?

自分の立場からすると、本当にこういうことで痛みを長引かせる人は多いのです。

なぜ治したいのに、痛くなることをするのか?

もし「中々改善が見られない」と思われる方がいらしたら、そういった部分で無理をしてないか?を考えてみてください。
当に治したいのなら、「治る」行動選択をしましょう!っていうことなのです。

 

悩んだ時には…

今回は「痛みを起こすのに、~すべきだから」ということで考えてみましたが。
これって、日頃から起きていることだったりします。

特に、生真面目な方…日本人なんて典型的でしょうけども。


なぜ何らかの犠牲を払ってまで、それをやるのか?それは「すべき」「ねばならない」ことではないのか?

こういう考え方も、一つ持っていただくといいかもしれません。

 

わたくしは今回、そういう視点で考えて「半休をいただいても、一番大切な家族の大切なイベントを優先したい」と思ったので、お休みを半分いただいた次第です。


みなさんも、「どうしよう」という時に、こういう考え方もあるっていうことを知っていると、どの選択をしたらいよいか?と見えてくることもあるかもしれませ


そういう時は、「わたしは何を望むんだろう?」と考えてみてくださいね!


かといって、そのための「準備」は必要ですよ。
ただ「これがいいから、こうする!」だと、単なるワガママになってしまう可能性がありますから…。


ちなみに、むかーし読んだ、あるギタリストが言っていた言葉(正確ではないですが)があります。


「悩んだら、出来るだけ考えないように、考えないようにする。そうすると、答えが見えてくる」


当時、なるほど!と思ったものですが、こう考えると本当に腑に落ちたのは最近になって…かもしれません。
わたくしも「~すべき」を繰り返していたんでしょうね。

ということで、シメは今年の恩田川の桜で!


それでは!

 

★お知らせです★

4月13日() 16時~
 → 骨盤ケア教室

4月27日() 16時~
 → ストレッチポール教室

「お顔整膚」モニターキャンペーン

3月18日より4月30日までの期間中、
①施術のご予約をいただき、
②簡単なアンケートにお答えいただきますと
 通常1,500円の「お顔整膚」を、
 400円オフの1,100円でお受けいただけます!

残り 10名様 8名様!

(お一人様1回限り)

ご不明な点やご予約など、お気軽にご連絡ください。
コチラよりお問い合わせください。
「お問い合わせ内容」のプルダウンメニューから「お顔整膚について」からどうぞ!)
お待ちしています!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
     溝 田 接 骨 院
      院 長 溝 田 博 之
 
  ~ お問い合わせはこちらから ~
   電話・FAX 042(725)2948
   https://mizota-sekkotsuin.com
https://mizota-sekkotsuin.com/contact
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

関連記事は、こちら