【腰の痛みと腹直筋】

リアライン

こんばんは、溝田接骨院・いんちょーです。
 
腰の痛みに対して、腰へアプローチするのは、まぁごく当たり前ですよね。
もちろん、それで痛みが鎮痛できればいいわけです。
 
ただ、それでは治らない、あるいは繰り返してしまう腰の痛みというのも、よーく見かけます。
 
今回は、なんとなく出ている症状に対しての一例を挙げてみたいと思います。
 

思いっきり痛い!というわけではないけれど

テニスをしていて、肘や腰などが痛くなるLさん。
当院にて、全身への調整を入れながら、身体の全体を整える「自費治療」を受けていらっしゃいます。
 
当初あちこち痛かった症状は、数回でほぼ消失。
そこで、全身調整を含めコンディショニングとして施術を受けていらっしゃいました。
 
ある時、「痛いってほどではないけれど、腰に違和感が…」というお話。
もちろん、全身コンディショニングですから、その訴えに対してもアプローチしていきます。
 
どうやら特定の動作の時に、腰に違和感がある様子。
 
バランスを見てみると「お腹の動きが悪い」
 
そこで、腰の違和感に対して「お腹」からアプローチしてみました。
 

>>腹部をリリース

お腹にある「腹直筋」という、いわゆる「シックスパック」と評される筋肉にアプローチしていきます。
 
こんな感じ。横から見るとペラペラです。


見ての通り、胸郭と骨盤をつないでいる、この筋肉。
そもそもこの筋肉の動きが悪いと、体幹部分(いわゆる胴体部分)全体が動きにくくなります
 
当然硬いわけですから、呼吸にも影響が…。
しかもまた、その呼吸が体幹や腰に影響が…という「負のスパイラル」
 
まずはこの動きの悪い「腹直筋」をリリースします。
 
すると、下の画像のように「幅を狭くする」ことが出来るようになりました。

この後、もう少し狭めることが出来ました。
 
要するに、それまでは平べったく硬くて「板」のような筋肉が、動きやすさを得たことで「絞れる」ようになったということです。
 

お腹が動けば、腰も動く

これで腹直筋が動きやすくなり、ひいては骨盤・胸郭も動きやすくなります
結果的に、腰の痛みや違和感が消失する、というわけです。
 
Lさんの腰の違和感も、この直後に動いてもらうと消失していました。
むしろ、前屈・後屈がスムーズになり「すごく軽い!」となりました。
 

バランスはとっても大切

腰を「ウラ」とすると、お腹は「オモテ」。
文字通り、表裏一体です。
 
ですから、どちらかが不調となれば、その反対側も不調を来してしまいます
それが連鎖的に繰り返されると、「負のスパイラル」に陥ります。
 
その結果が、「なかなか治らない」ということになるわけです。
しかも、この負のスパイラル自分ではほとんど気付けません
 
ですから、こうやってチェックしながら調整することも、大切になってくるわけです。
 
当院では、このように身体の状態をチェックし、どこに動きの悪さや歪みがあるか?を見てバランスを整え、生じている症状などを改善させていくアプローチも実施しております。
 
なかなか治らなかったり、何かよく分からないけれど調子が…なんていう方に、オススメしています。
 
まずは、自分がどんな状態か?を知るのもいいかもしれませんよ?
ご相談等、お待ちしています!
 
それでは!
 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
     溝 田 接 骨 院
      院 長 溝 田 博 之
 
  ~ お問い合わせはこちらから ~
   電話・FAX 042(725)2948
   https://mizota-sekkotsuin.com
https://mizota-sekkotsuin.com/contact
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

関連記事は、こちら