【髭を伸ばして気付く事】

こんにちは、溝田接骨院・いんちょーです。

改めまして、あけましておめでとうございます!
本年も宜しくお願い致します!!

さて、新年一発目の記事は何にしようかと思っていたのですが…。

ひげ」に決定。
…なぜ髭なんだ?っていう。

さて。
一年の計は元旦にあり、なんて言いますね。
よし!今年はコレにチャレンジしよう!とか。

早速、何かチャレンジし始めた方はいますか?

わたくしは、「休み中、髭を伸ばしてみる」をやってみました。

これ、以前からずっとやりたかったんですが、よくて2日くらいで止めてしまっていたんですよね。
で、今回5日間のお休みを頂きましたので、その間やってみようとチャレンジです。

…いや、髭を伸ばしたら「威厳」が出るかな?とか思いまして。

結果、「森」のような生え方をせず、「林」のようなスカスカ加減で…。

挙げ句「ただの泥棒みたい」と言われて終了しました…。

物事は何でも思うだけではなく、やってみることが大事
その結果は、「よい・悪い」ではありません。
やったことで、「知る」・「気付く」ことが「結果」なんですね。

それをどう「料理」するか?このあとどう活かすか?が、更に大事。
これをPDCAサイクルなんていいます。

今回、髭を伸ばしてみることで、林のような生え方をするので、これはわたくしの望む生え方ではないぞ?と知ることができました。
いずれまたやるかもしれませんが、当分髭は伸ばさない、という選択をしました!

本当は、生やしたいんですけどね~。


…なんだか、ムサいですね。

それでは!

関連記事は、こちら