【歩くことに希望が見えました!】

お知らせ

こんにちは、溝田接骨院・院長です。

今日は、患者さまの声をお届けします。
といっても、文字ですけど。

当院で行っている治療プログラム「フットケアプログラム(FCP)」
こちらの施術をお受けいただいた患者さまから頂いたのが、今日のタイトル「歩くことに希望が見えました」
このフットケアプログラム、どんな症状の患者さまに対して、どんなことをしたのか?ということを書いてみます。

歩くのが、ずっと痛かったんです

こちらの患者さまのYさん。
1カ月ほど前に、ご紹介で来院されました。

以前より足首が痛くて、5分も歩くと泣くほどに痛くなっていたそうです。
経過も長く…。

・5~6年前に大学病院で「年相応」と言われた。
・去年、足首を内捻りすることがあり、その時は歩行困難になるほどに痛くなってしまった。
・足底板で有名な整形外科に行き、オーダーでインソールを作成、「これでもう痛くなくなるよ」と言われた。

この時点で少し痛みが減少したのですが…。

ある時、外出先で30段ほどの階段を下りたところ、痛みが悪化しました。

その整形外科で、ふたたびインソールを修正します。
しかし、あまり改善がなかった様子。

その後、今年になり別の整形へ行きました。
治療は注射で、週1回を4週週2回を2週行いました。

結果的には注射がやたら痛いらしく、また足の痛みは残ったまま

また、インソールを専門店で作ったそうですが、硬すぎてダメだったそうです。

この時点で、これだけ手を掛けたのに良くならないので、改善はあきらめていたそう。

あきらめの中、当院へ来院

その後、ご紹介されて当院へいらっしゃいました。

痛みの場所は、足首の前側でした。
症状としては、
・足首を”起こす”と痛みが出るので、足がちゃんと衝けない。
・歩くたびにそこに痛みが来るとのことで、5分も歩くと泣くほどに痛かった。

早速見てみます。すると…。

来院時は?
・外反母趾がある。
・足裏など数か所に胼胝(タコ)がある。
・足元が捻じれている(回内足・回外足)
・足関節にズレがある(Unstablemortise)
といったところ。

整形では原因が「軟骨がゼロ」とか「変形しているから」といった診断をされたそうなのですが、どうやらそこではないように感じました。

つまり、足元が「歩くための段取り」が出来ていないので、足としての機能が十分発揮できず、無理が掛かった場所に痛みがあったということが想定されました。
この場合、足元だけではなく「足首」から整えないと、なかなか改善しにくいです。

FCPとインソールで施術

そこで、当院のFCP(フットケアプログラム)をお受けいただくことになりました。

このプログラムは、ふくらはぎを始め、足部の可動性や安定性を図るために施術(リリース)を行います。
それによって、きちんとした足首の働きを促し、無理のない状態を少しずつ作っていきます。


 ↑ こういったことを行っていきます。

もちろん施術だけでは整いきれません。

なぜならそれを「維持」するための本人の「力」も必要だからです。
そのために、ご自身でもケア(セルフケア)を行ってもらいます

つまり、「施術」と「セルフケア」の二本立てで行っていきます。

また必要に応じて、その状態をサポートするために、テーピングやインソールを用います
今回は、テーピングでサポートをしてみてよかったので、インソールを追加しました
今回は、当院で使っております「リアラインインソール」を合わせました。

今回は、リアラインインソールライトを使いました

「すごく楽になった!」

そして、4回目のご来院。
開口一番、「すごく楽になりました!」とのお声をいただきました。

今は?
・今までは泣きながら歩くほどだったのに、今はもう全然気にならなくなった。
・今まで作ったインソールは何だったの?!というくらい、調子がいい。
 (オーダーなので万単位だったようです…)
・以前は5分も歩くと痛かったのに、今は15分以上歩いても平気。
 なんなら30分以上歩いても痛くなさそう。
そして何より、
「歩くことに、希望が見えました!」
とのお言葉。

これが何よりうれしかったですね!

まとめ

長く患って、あきらめている痛み。
しかし、あきらめなくてもいい場合もあるのです。

今回も、Yさんがあきらめてしまう要因がいくつかありました。

あきらめた要因
・「痛みが悪化したのは、あなたが悪い」と言われた(行くのが嫌になってしまったそう)
・インソールでよくなるんだから、靴なんてどうでもいい
・年相応
・変形しているから
・軟骨がゼロだから
・注射で凌いでいくしかないから
といったところ。

要するに「こういうものなのだ」と太鼓判を押されたようなものですよね…。
長年悩まされた痛みですから、「仕方ないんだな」と諦めてしまいがちになるのも当然かもしれません。

しかし今回は、「足元の段取り」を整えることで改善が見られ始めました
また、それをYさんも一緒になってセルフケアをしてくださっているからこそ、改善しました。
いやむしろ、Yさんご自身の努力がほとんどだと思います。

ですから、「諦めるのはまだ早い!」ということもあるんですね。

ちなみに、「靴なんてどうでもいい」と言われたそうなんですが、自分は「靴はすごく大事」だと思っています。
靴が合わなかったり、作りが不十分なものだったりすれば、どんなにすばらしいインソールを入れても、ほとんど意味がないと思います。
ですので、FCPでは靴のフィッティングも行います

もし足元の痛みや悩みでお困りでしたら、ぜひ一度当院へご相談ください。
少しでもあなたの生活が、より過ごしやすくなるようサポートさせていただきます。
お気軽にご連絡・お問い合わせくださいね!

「一緒に」改善を目指しましょう!
それでは!

◆お知らせ◆

時間変更など
★9月1日(土)より、引き続き従来通り20時までの診療(19:30迄の受付)とさせていただきます。
★当分の間は「完全予約制」を継続させていただきますので、ご来院の際は予めご予約を賜りますよう、宜しくお願い致します
★ご来院の際は、必ずマスクの着用をお願いいたします
★急患などはこの限りではございません
★ご予約は、お電話(042-725-2948LINE公式アカウントより承っております
★当院では新型コロナ感染対策として
 ・手指や各所の消毒
 ・換気
 ・必要に応じてフェイスシールド
 ・体温検査
 ・ソーシャルディスタンスの維持
 ・患者さまの「重なり」を極力避ける 等々
といった対応をさせていただいております。
今後も必要なことがあれば、都度可能な限り対処してまいります。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします

↓ LINE公式アカウント
 こちらからご登録できます!

友だち追加

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
    溝 田 接 骨 院
   院 長 溝 田 博 之
~お問い合わせはコチラから~
 電話/FAX 042-725-2948
    LINE / Facebook
  LINE ID @663xugdq
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

関連記事は、こちら