【任せっきりじゃダメな理由を、学校と比べてみた】

お知らせ

こんにちは、溝田接骨院・院長です。

当院では、ご自身での「お手入れ」、つまりセルフケアをご指導させていただくことが多々あります。
理由は、病院や治療院に「治してくれ」っていう”丸投げ”では治りにくいから

「え?治してくれるところなんでしょ?」っていうお声も、よく耳にしますね。

自分も「そんなことはいいから、早く治して」って(ごく稀ですが)言われたことがあります。

こういう方は、往々にして「結局ずっと患ってる」という方が多い印象です。
今日は、この考え方を「学校」と対比しながら考えてみましょう。

「治療」と「学校」の共通点

まずは、こちらの表をご覧ください。

治療学校を対比した図になります。
おおよそ、こんな流れかと。

それぞれの目的は「症状の改善」「学力の向上」でしょう。
そのためには、まず「受ける」必要があります。
それが、「施術」であり「授業」に当たります。

こう考えると、共通する部分が多いですね。

その中身を考えてみる

仮にそれぞれ「すごいもの」を受けたとしましょう。
「受動的」=受ける、という部分。

「ゴッドハンドによる施術」「超有名講師による授業」

それぞれはものすごく効果を出しているモノです。
当然受けた直後は「おお!痛くない!」とか「すごくよく分かった!」ってなります。

で、多くの場合、ココで終わってしまうのです
「痛くなくなったからいいや」、「分かったからいいや」…って。

しかし、それを持続させるには絶対に「維持する」必要があるのです。

学校でいえば、一度教わったら二度と忘れない・出来ない、なんてことはありません。
一度聞いただけで分かるようになるなら、み~んな東大・京大に受かっちゃいますよね。
でも、それらの大学に受かる人って、99.9%復習してるはずです。

違いはココ!

治療も勉強も、差が出るのは「ここ」なんです。

表で言えば「能動的」=自らやるもの
治療で言えば「セルフケア」、学校で言えば「復習」

これが「いい状態」を維持する、絶対的な秘訣です。

学校で教わったことなんて、なんにもしなければ数日もあれば忘れるでしょう。
治療の効果も同じ。

「よかった!」でそのままにしておけば、まず間違いなく「戻る」でしょう
しかも「痛み」の場合は、セルフケアをしても戻る部分があるものです

それぞれによって得られる「症状改善」「学力向上」は、この「差」がモノを言います。

よく聞くのです。
「行けば楽になる。だけどしばらくするとまた症状が出るから、また行くの」。
それをずっと続けて、はや数年…とか。

いえ、それが望みであればいいんです。

しかし、本当によくなって「いい状態で、毎日健康的に「楽しめる日常」を望む」のであれば、絶対に必要なのです。

そもそもが、この世に「永続的に続くもの」なんてありません
一度ごはんを食べたら、死ぬまでいらない…なんてことがないように。

痛み・治療も同じです。
セルフケアは、必ず必要になります。

では、何をしたらいいの?

病院・治療院とかで「あとは運動してください」なんて聞くこともあると思います。

でも多くの方がやらない。
やらないというより「出来ない」

なぜなら何をしたらいいのかを教わっていないから

当院では、その部分=セルフケアもご指導させていただきながら、治療効果をより高め、かつ改善につなげていくことをやっています。

患者さまからも「ここ(当院)のいいところは、こういうのを教えてくれるところよね!他は、治療だけで教えてくれないもの」といった声をいただいています。

当院では、あなたと一緒に「一歩前へ」進んでまいります。
ぜひ、ご相談くださいね!

では、最後に。
「自ら動いた人が、必ず結果を得られます!」

それでは!

◆お知らせ◆
診療時間変更のお知らせです。

時間変更
4月17日(金) 午後は16時より診療(午前は通常診療)
4月21日(火) 19時までの診療(18:30までの受付)
となっております。
よろしくお願いいたします。

↓ LINE公式アカウント
 こちらからご登録できます!

友だち追加

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
    溝 田 接 骨 院
   院 長 溝 田 博 之
~お問い合わせはコチラから~
 電話/FAX 042-725-2948
    LINE / Facebook
  LINE ID @663xugdq
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

関連記事は、こちら