【痛くは無いけど、どうしたらいい?】

こんにちは、溝田接骨院・いんちょーです。

今日のタイトルは、「痛くないけど、ちょっと変なんだ」っていう時に、
治療に掛かるべき?様子見すべき?
というお話です。

といいますか、そういうこと、よくありませんか?

当院にいらっしゃる患者さんでも、「ちょっと様子を見ていたんだけど良くならなくて」なんて言って来院される方も、ちょいちょいいらっしゃいます。

ちょっと前に記事にしましたが、時間が経てば経つほど、回復に手間暇が掛かります
要は、

最初から治療してたらもっと早く治ったのに~!

ということ。

大体そうやって様子見をする時って、「痛いまでは行かないんだけど、ちょっと違和感があって、時々痛みが一瞬走るんですよね」なんていう事が多そうです。

その痛みも、持続しなくてホント”一瞬”だけ
でも、またちょくちょく出たりするんですよ。

こういう状態の時って、どうしたらいいのでしょう?

答えから言うと。

 

「治療した方がいいです」

 

「痛み」というと、ズキズキ痛かったり、持続性の痛みを想定する事が多いと思います。

ぎっくり腰(急性筋筋膜性疼痛)をした場合、寝ても覚めても痛いです!のような状態とかですね。

しかし、身体っていうのはよく出来たセンサーの塊みたいなものなんですね。

その精度は、ほんとに正確です。すごくシビアです。
(だもんで、たまに間違えると、それはそれでおおごとになったりしますが)

そのセンサーが「痛い」なり「おかしい」なり感じてる時は、そのまんま「痛み」が存在したり、何かしらの異常を来している事が殆ど

ということは、もう既に身体の状態は正常ではないということ。

 

綱渡りってありますよね。

いい状態の時は、スムーズに綱渡りが出来る、としましょう。

不調の時は、渡る事は出来るけれど、フラフラとふらついてしまう
これが「痛くはないんだけれど、なんかおかしい」という状態。

いわゆる「不安定」な状態ですね。

綱一本じゃ不安定

当然、調子がもっと悪かったら、ふらつきすぎて綱から落ちてしまいます
この状態になった時=落ちた時が「けがをした」「痛くなった」状態

そもそも不調どころか、痛みがあったら、綱渡り自体出来ないですよね。
綱から落ちた状態は、まさにその状態

ちょっと変だな、違和感があるな、時々痛むような…という時は、どこかがおかしい
渡れる綱渡りも、いつ落ちるか分からない状態。

そんな状態で、どうなるかヒヤヒヤしてるくらいなら、早めに改善を図る方が絶対にいいですよね?
そうすれば、しっかり綱渡りが出来る。

バランスを取る事で、「不安定」な身体から「安定」した身体になれる

安定させる要素があれば、安定出来る

なんかおかしいんだけど・我慢出来ないほどではないけれど、ちょっと痛むんだよね…、なんていう時。

様子を見て、綱から落ちるのを待っていないで、当院へいらしてくださいね

「こういう場合は、どうしたらいいの?」なんていう時でも、ご相談下さい。
(どうしたらいいの?という方は、コチラをクリック!)

落っこちる前に、しっかり綱渡りが出来る状態に戻しましょう!

それでは!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
     溝 田 接 骨 院

    お問い合わせはこちら!!
    → メールフォーム
 → 電話・FAX 042(725)2948
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

関連記事は、こちら