【掃除機の使い方】

こんにちは、溝田接骨院・いんちょーです。

さてさて。皆さん掃除機の使い方、ご存知ですか?

そうです!
コンセントに差し込んで、手元のスイッチをオン!
すると、ギュィィィィィィ~ンと吸いまくり。

…そーでなくて

掃除機使っていて腰を痛めました!なんて経験や話、聞いたことありません?
先日も、患者さんとそういうお話になりまして、意外と知られてないもんだなぁということで、掃除機の使い方をお話しようと思います。

普段掃除する時に、床に対して「ゴシゴシ」するようなイメージで掃除機を掛けていませんか?
まるで、モップ掛けでもしているかのような。

これがまた大間違い。ノーノーノーですよ、奥様。

これやると、腰を曲げた姿勢で、前方に向かって押し込むように掃除機を掛けてしまうので、腰への負担が非常に大きいんです。
しかも、その状態で何度も往復して前後させたり。

「でも、そうやらないと吸わないでしょ?綺麗にならないでしょ?」
チガ~ウっ!違うのです。
そのように、ゴシゴシこそげ取るようにすると、ゴミを吸うどころか押しつけてしまったり(カーペットとか)、却って吸わないんだそうです。

んでは、どうやるの???

まず、普通に立ちます←当たり前ですね。
で、掃除機のハンドルを普通に持ちます。
そのまま、腕を前後に振るだけ
しかも、2往復くらいで十分
何往復もいらないです。

…これで吸えるの???

吸えるんです。っていうか、そういう風に作られているんです、掃除機って
そもそも、ゴシゴシしないんです。あなたは、直立不動でOKなんです。
動くのは「」だけ。
「ちょっと先まできれいにしたい…」と思い、腰を曲げて腕を伸ばしがちですが、それはダメ。
むしろ、前進してください。前へ前へ!

どうもイメージで「モップ掛けの様にゴシゴシ取る」感覚だと思うんですが、そうではなくて。

例えば、ほうきはゴシゴシしませんよね?
最近よく見かけるロボット掃除機。「ルンバ」とか。あれも、ゴシゴシしてませんよね?ブラシで叩き浮かせたり掻き出したりして、吸い上げてますよね。
普通の掃除機もそうです。ヘッドのブラシで浮かせて吸う。
通販番組での使い方もそうです。小さなタタミに、ありえんような不自然さで粉をぶちまけて吸うやつとか
押しつけずに、滑らすように吸ってますよね?

これ、逆やったら押しつけてる訳で、吸えないんです。

今度、掃除機のCM見たら意識して見てください
最近はイメージCMが多いので分かりにくいかもしれませんが、ダイソンあたりのCMだと分かりやすいです。
みんな、直立で掃除機使ってますでしょ?腰曲げて「えぃえぃ!」って人、いませんよね?

あんなイメージで使ってください。

掃除機使うと、いっつも腰痛くなるのよね~なんて方。
これ(姿勢)意識するだけで、相当楽に掃除が出来るようになるはずですよ。

…ただ、どうしても「ゴシゴシしないと…」と思いがちですけどね!

年末に向けて掃除する機会が増える時期です。是非やってみてくださいね!

それでは!